血液サラサラ&造血効果のある食べ物は冷え性改善に重要なアイテム

冷え性は血行を促進して体を温めると改善することが一般的な印象ですが、人によっては体内の血液が少ない方や貧血の方もいて簡単に改善するものではないことがあります。
冷え性を改善するためには十分な量の血液を作り出して循環しやすいようにサラサラな状態にすることが良く、それに関係する食べ物を積極的に食べることもおすすめです。

血液を作る食べ物とは?

冷え性の改善のために血流を良くするとしても流れる血液が少ないようでは話になりません。
そのため鉄分や葉酸、ビタミンB12を多く含む食べ物を積極的に食べて造血が進むように配慮します。
レバー類、肉類、赤身の魚、大豆、乳製品、緑黄色野菜は血液を作ることに貢献する鉄分も豊富で、特にレバー類は代表的な食べ物です。

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、ヘム鉄の方が体内への吸収率が高いので動物性タンパク質とビタミンCを一緒に摂取する食べ方を利用して効率的に食べるようにします。
一例としてはレバニラなどが代表的です。

血液をサラサラにする食べ物とは?

冷え性の改善のために血液量が増えてもドロドロしていたのではなかなか流れてくれません。
そのため血液がサラサラになり末端の血管にも行きわたるために有効な食べ物の摂取がおすすめです。

たまねぎ、納豆、酢、梅干し、イワシ、サバ、サンマ、まぐろ、昆布、わかめなどが代表的な食べ物で血液をサラサラにするほかにタマネギは夜に食べると安眠効果があり、イワシなどの青魚はDHAが豊富なので認知症予防にも役立ちます。
ほか海藻類は免疫力を高めたり、便秘解消や美肌効果にも貢献しますので美容にもとても良い効果があります。

造血作用と血液サラサラ作用の食べ物の他のメリット

これらの食べ物は冷え性の改善のほかに貧血の改善や予防、それに動脈硬化改善にも役立ちます。
血液の質の向上はさまざまな病気を予防したり改善するほかに、体の隅々まで栄養を送り届けますのでアンチエイジングや免疫力アップにも役立ちます。

© 2017 - Copyright ©  冷え性の改善におすすめな食べ物とレシピを大公開